対戦 育成

ミミッキュの型一覧

更新日:

ミミッキュの型一覧を紹介します。


ASぶっぱスタンダード型

もっとも多い型です。

持ち物に多いのはフェアリーZ、ゴーストZ、命の珠。

性格はいじっぱりorようきです。

この強引に後出ししてきて、Z技を叩き込むことが多い。

有利対面だと剣の舞で攻撃を2段階上昇させてるくるので注意が必要。

ランドロスやギャラドスの耐久の振り方しだいでは、攻撃1段階UPのフェアリーZで落とされかねないので注意。
素早さやダメージでどちらの性格なのかは比較的読めるのでダメージ計算しておいて損はないですね。

タスキ型

2回の行動保障が許されている面倒な型。

後出しで化けの皮をはがしても、じゃれつく+影うちで削りを入れてくる。

基本的にASに極ぶりしています。

火力はかなり低いが襷を盾に剣の舞をしてくるのも厄介。

トリルのろい型

クチートやヘラクロスなどの鈍足ポケモンと組んでくることが多い型。

化けの皮を盾にトリックルームを展開して、のろいで即座に退場できる。

トリルターンを最大まで引き延ばせるので鈍足高火力ポケモンがいたら注意。

もちものはフェアリーZ or ゴーストZが多い。

相手との素早さ関係によってはトリル展開後にZ技をぷっぱしてくる。

 

痛み分けいやがらせ型

とにかく最悪の型。

のろいを嫌って引く相手には後続へのいたみわけが刺さり、みがわりを残して再展開できる。

ミミッキュより遅い相手は対面からのろい→みがわりで機能停止に陥る。

のろいを嫌って引く相手には後続へのいたみわけし、みがわりを残して再展開できる。

高速アタッカーには化けの皮を盾にZ技を打ってくるの注意が必要だ。

場整え型

電磁波、鬼火、どくどくなど後続のサポートするために利用する。

タスキと合わせると行動保障が2回あるため好き放題やられるとつらい。

のろいで自主退場+後続の一貫性を作れるの強い。

ABミミッキュ(返しのフェアリーZ)

メガボーマンダ捨て身タックル、バシャーモのフレアドライブを耐えて、

返しのフェアリーZで確実に落とす型。

最近徐々に増えている型。

素早さを大きく切っているので、上から仕事はできるが対面性能が格段に上がっている

キノガッサやマンムーなどの70族、80族あたりのアタッカー上を取りましょう。

超変態特殊型

ナットレイを投げたらめざパ炎で焼いてくるやつ。

10万ボルトも打ってくる。意表は突かれるが特攻が低いのでダメージレースで結局負けてしまう。

ほぼ考慮する必要ないが念のため記載。

アドセンス336用




アドセンス336用




-対戦, 育成

Copyright© Japokemon , 2018 All Rights Reserved.