対戦 育成

ギルガルドの型一覧

投稿日:

ギルガルドの型一覧を紹介します。

AC150のブレードフォルムとBD150のシールドフォルムを使い分けることができ、実質種族値は700と

また弱点4タイプ(炎、地面とメジャータイプ含む)だが、耐性が12個と非常に優秀です。


ギルガルドの性格一覧

無駄のない種族値と型の多さから、今まで一番多様な性格一覧となりました。

れいせい(特攻↑、素早さ↓)

全体の50%がれいせいで特殊攻撃の火力を底上げしています。

メインの技となるシャドーボール・ラスターカノンは威力自体はそこまで高くないためが、

今作から登場したZ技との相性がよいため性格れいせいの個体を増やしている要因でしょう。

また弱点保険との相性も抜群です。

いじっぱり(攻撃↑、特攻↓)

全体の15%ほどがいじっぱりです。

相性の良い積み技”剣の舞”と先制技”影打ち”との相性が良いため物理型に採用されます。

シャドークローとアイアンヘッドと物理方面のメインウエポンもしっかりあるため、Z技との相性のバッチリです。

ひかえめ(特攻↑、攻撃↓)

全体の15%ほどがひかえめです。

こちらはれいせいとは異なり素早さを下げずに特攻を上げることが出来ます。

ただし影うちの威力がさがるため一長一短です。

おだやか(特防↑、攻撃↓)

特殊耐久型に使用される性格で全体の5%ほどです。

カプ・テテフなどの超火力特殊アタッカーが増えたため数を増やしていると思われます。

おくびょう(素早さ↑、攻撃↓)

毒嵌め型の多くが最速を取りたいため、おくびょうが選択されます。

レート全体の4%ほどがおくびょうとなります。

また最速+火力の両立を求める場合もこちらの性格が候補になります。

おっとり(特攻↑、防御↓)

レート全体の4%ほどがおっとりになります。

きあいのタスキを持たせて強引に役割を遂行する型が一定数います。

先発で出てくるギルガルドは注意が必要です。

ゆうかん(攻撃↑、素早さ↓)

全体の3%ほどがゆうかんになります。

非常に弱点保険との相性が良く、弱点保険発動⇒攻撃⇒影うちで高い確率で1体もっていくことが出来ます。

うっかりや(特攻↑、特防↓)

全体の1%ほどがうっかりやになります。

きあいのタスキを持たせて強引に役割を遂行する型が一定数います。

先発で出てくるギルガルドは注意が必要です。

 なまいき(特防↑、素早さ↓)

特殊耐久型に使用される性格で全体の1%ほどです。

カプ・テテフなどの超火力特殊アタッカーが増えたため数を増やしていると思われます。

おだやかとの違いは、最遅が取れるため弱点保険などで返しの一発をお見舞いすることが出来ます。

ただし返しの1発ならばZ技の方がつかいやすいため、おだやかの方がよいと考えられます。

のんき(防御↑、素早さ↓)

物理耐久型に使用される性格で全体の1%ほどです。

カプ・テテフなどの超火力特殊アタッカーが増えたため数を増やしていると思われます。

私個人敵にはオススメできない性格に思います。

ギルガルドの型一覧

ギルガルドの型は技構成、持ち物によって大きく型が変わります。

特性「バトルスイッチ」により攻撃後に耐久値が大きく下がります。

そのため素早さ調整をしない場合は最遅個体を用意することが推奨されます。

特殊アタッカー型

オーソドックスな特殊アタッカー型です。

持ち物はゴーストZ、弱点保険、命の珠など持たせるアイテムによって役割が変わります。

確定技はシャドーボール、ラスターカノン、キングシールドです。

選択技は影うち、聖なる剣など物理技もあります。

補助技として身代わりやどくどくなどピンポイント技のポケモンもいるため注意です。

物理アタッカー型

オーソドックスな物理アタッカー型です。

持ち物はゴーストZ、弱点保険、命の珠、こだわり鉢巻など持たせるアイテムによって役割が変わります。

技はシャドークロー、アイアンヘッド、ジャイロボール、影うち、聖なる剣、キングシールド、

もろはの頭突きなど特殊型よりも技のバリエーションが豊富です。

ギルガルドの多くは特殊型ですが、不意な物理型も多くいるので注意です。

物理剣舞型

特性「バトルスイッチ」で択を生みやすく、隙をついて剣の舞を積んでくる型です。

持ち物はゴーストZ、弱点保険、命の珠、気合のタスキなどになります。

確定技として剣の舞になります。

攻撃技としてシャドークロー、アイアンヘッド、ジャイロボール、影うち、聖なる剣、もろはの頭突きなど多岐にわたります。

ただし剣の舞を行ったとしても素早さが低いため全抜きを行うことは難しいです。

毒嵌め型

どくどく、キングシールド、身代わりで相手を積ませる型です。

この方の多くは素早さに努力値を振るもの特徴の1つです。

持ち物は食べ残しで確定です。そして回復ソースがこれ1つになるため、高火力ポケモンとは相性が悪いです。

確定技はどくどく、キングシールド、身代わりになりますが、一定数身代わりを持たせていない型が存在します。

攻撃技としてシャドーボール or ラスターカノンを持たせます。

なお、この型の多くは影うちを持っていないです。

最近はフェアリー環境であることとカプ・テテフの台頭により、この型の数がどんどん多くなってきております。

PGLだと約20%が食べ残しを持っているため、食べ残し=毒嵌め型という考えはやめた方がよさそうです。

ガチ両刀型

攻撃・特殊・素早さに努力値割き、耐久を捨てた型です。

参考ガチ両刀とは

持ち物はタスキ、Zクリスタル、命の珠などがあります。

役割を強く意識するならばタスキを選択します。またこの方はキングシールドを搭載していないこともあります。

余談ですが先発で出てくるギルガルドはタスキが多いです。

確定技として影うちが上がります。

物理技としてシャドークロー、アイアンヘッド、聖なる剣などがあります。

特殊技としてシャドーボール、ラスターカノンがあります。

基本的には火傷を左右されない特殊技を攻撃技に選択します。

物理耐久型

キングシールドと食べ残しを利用して物理アタッカーに負担をかけていく型です。

持ち物は食べ残しで確定しています。確定技もキングシールドは決まっています。

選択技として毒毒、シャドーボール、ラスターカノン、聖なる剣などがあります。

基本的には火傷を左右されない特殊技を攻撃技に選択します。

アドセンス336用




アドセンス336用




-対戦, 育成

Copyright© Japokemon , 2017 All Rights Reserved.