対戦

気合い溜めバシャーモ(確定急所バシャーモ)の調整

投稿日:

こんにちわ。Japokeです。

今日は気合い溜めバシャーモの育成と調整について記事を書こうと思います。

この気合い溜めバシャーモは使っていて、とっても気持いいのでぜひ暇なみなさんもこの記事を参考に使ってみてくださいね♪


確定急所型とは?

確定急所型とは、ピントレンズ+気合い溜めで急所ランクを「3」にして、100発100中で急所を当てる型のことをいいます。まさに必殺仕事人型です笑

採用するメリット・デメリット

まず、確定急所バシャーモを採用するメリットですが、

  • 相手の積技に左右されない
  • リフレクター、ひかりの壁を無視できる
  • 特性てんねんを無視できる
  • いかく、攻撃後のランクダウン補正(オーバーヒートやばかじから)を無視できる

などなど多くあります。また今回のバシャーモはピントレンズも持っていることから、パーティ全体で持ち物が被らないというメリットもあります。

しかしながらデメリットもあり、

  • きあいだめをする必要がある
  • 技スペースが足りなくなる
  • 瞬間火力が剣の舞よりでない
  • その他のアイテムを持たせられなくなる(ピントレンズ前提のため)

などデメリットも多くあります。確定急所型か積アタッカー型を選択するのは人それぞれだと思いますが、そもそもの火力が高いバシャーモであれば急所の1.5倍で役割は十分に持てます。

それでは技構成から説明していきましょう!

 構成

性格

性格は役割によって選択することをおすすめします。

私は無補正の性格(すなお)で使用しています。

持ち物

ピントレンズ1択です。

確定技

  • きあいだめ
  • ばかじから
  • オーバーヒート

きあいだめは急所ランク+2のため確定でいれます。

ばかじからはとびひざげりとの明確な点である、命中100%、外した時の反動なし、ということでこちも確定。

オーバーヒートも弱みであるC2段階ダウンを無効化できます。これにより後だしが効かなくなるものよい点。

選択技

  • まもる
  • かみなりパンチ
  • みがわり
  • はたきおとす

上記の技はパーティ補完を考えながら選択します。まもるを採用することで安定させることができます。ギャラドスを意識するならかみなりパンチもあり。

※ 私はまもるとかみなりパンチを使い分けています。

努力値調整

以下、現在調整中です。

仮想敵

与ダメージ

被ダメージ

アドセンス336用




アドセンス336用




-対戦

Copyright© Japokemon , 2017 All Rights Reserved.