対戦 育成

カバルドンの型一覧

更新日:

カバルドンの型一覧を紹介します。

電気の一貫切り、前半の削り性能、無駄のない種族値と登場から常に人気のあるポケモン。

サンムーン環境では、フィールド効果、天候強化により向かい風気味です。

しかしながら不一致Z技を耐えることができる点やガブリアス以外の地面とタイプとして評価されている。


カバルドンの性格

特攻に下降補正を掛けるのが主流です。

一部では素早さに下降補正を掛けるパターンもあるようです。

わんぱく(防御↑、特攻↓)

全体の70%~80%がわんぱくになります。

高いHP、防御種族値を最大限に生かすことができ、なまけるを覚えることで突破不能になるケースもあります。

しんちょう(特防↑、特攻↓)

全体の20%がしんちょうになります。

対面性能を上げるために特防特化をしているケースもあります。

ただし一致ハイドロポンプは受けられないので注意が必要です。

私個人としてはしんちょうのほうが使いやすいような気がします。

のんき(防御↑、素早さ↓)

最遅を取りたい場合に採用される性格で、全体の1%ほどいるようです。

ただカバルドンで最遅を取らなくても天候取り合いで負けることがほぼないので、

あまり意識しないでもよいと思います。

 

カバルドンの型一覧

カバルドンは縁の下の力持ちで場を整えるポケモンとして運用されることがほとんどです。

ステロあくび起点づくり型

あくび+砂嵐で削りを入れ、後続の火力サポート+起点づくりを行う型。

タイミングを見てステロを巻かれ、削りにさらに入れてくる。

トンボ返りや眠り対策がされていないと一方的に削られ、眠らされパーティが崩壊してしまう。
あくび、ステルスロックが確定技です。

選択技として、じしん、岩石封じ、ほえる、なまけるがメジャーです。

持ち物はオボン、ラムの実、ゴツゴツメット、さらさら岩が多いです。

性格をいうとしんちょうとわんぱくがいます。

どちらかというと特防に厚くしたいのでしんちょうが多いようです。

わんぱくを使用する場合、ゴツゴツメットを持たせて物理アタッカーの削りを入れてくる個体もいます。

素早さが遅く眠りターンを消費しずらいのもこの型の強いところ。

砂パ起点づくり型

砂パエースを召喚するための型です。

ペリッパー、ニョロトノと対面しても天候を取り合えるのが強みです。

持ち物はさらさわ岩でほぼ確定で主に砂掻きドリュウズのサポートを強くします。

ステロを巻いてタスキを潰しと疑似火力アップもでき、カバドリマンダのボーマンダと組ませるメジャーなタイプがあります。

ギガイアスとは違い自主退場はできないが、吹き飛ばしやなまけるなど、砂パサイクル戦も得意です。

はちまきアタッカー

挑発やとんぼ返りを打ってくるポケモンに対して奇襲攻撃ができる型。

じしん、ストーンエッジ、ばかじから、こおりのキバなど意外と器用に技を使い分けることができます。

ただPGL上だといじっぱりを選択している個体はかなり少ないです。

チョッキアタッカー

繰り出し性能と奇襲性を兼ね備えた型。

素の攻撃種族値は112もあるためダメージもばかにならない。

一致地震と無効・半減タイプにはストーンエッジで相性補完もしっかり取れています。

特防無振りでもしんちょう特防特化カバルドンを上回る特殊耐久力を得ることができる。

また、この型の特徴はじわれを持っていることです。

じわれがあったらチョッキアタッカーを疑おう。

ちなみにPGL上だと1%も使用されていない。

アドセンス336用




アドセンス336用




-対戦, 育成

Copyright© Japokemon , 2017 All Rights Reserved.