対戦 育成

カプ・テテフの型一覧

投稿日:

カプ・テテフの型一覧を紹介します。


カプ・テテフの性格

性格はひかえめ or おくびょうが大半を占めています。

まずはこの2種類を注意しましょう。

ひかえめ(特攻↑、攻撃↓)

全体の65%がひかえめになります。

特攻種族130のカプテテフ+サイコフィールドのエスパー技はただただ脅威。

悪・鋼などしっかりテテフを止める対策をしよう。

おくびょう(素早さ↑、攻撃↓)

おくびょうは30%ほどいます。

基本ひかえめにできない最速前提に育成されることが多いです。

ずぶとい(防御↑、攻撃↓)

1%ほどいる性格。

不一致物理弱点や一致等倍技をしっかり受けて、返しの技で一撃で落とすことができます。

また素の素早さがそこそこなため、2回行動してキッチリ1体持っていく。

またサイクル線も非常に有利に立ち回ることできます。

型一覧

カプ・テテフはスカーフを持っている可能性が35%もあるため注意が必要です。

以下スカーフ型も含めて紹介ます。

 スカーフ速攻型

全体の35%がこの型になります。サイコフィールドを展開するため先制技で縛ることもできない。

また素早さ種族値も95族ということで上から叩ける範囲も多い。

基本は特攻、特防ぶっぱが多いが、抜きたい相手や耐えたい技によって耐久に振るケースもある。

技はサイコキネシスとムーンフォースが確定です。

選択技としてシャドーボール、きあいだま、10まんボルト、エナジーボール、しぜんのいかり、シャドーボール、めざパ炎があります。

チョッキサイクル戦型

とつげきチョッキを持たせて繰り出し性能を高めた型。

サイクル戦を有利に進めることができる。

変化技で重要な技が少ないためチョッキ持たせることも大きく困ることはない。

技範囲が広く、特攻種族値が高いことから選出ミスでも腐りにくい。

タスキ役割遂行型

スカーフ奇襲などで事故〇してしまうことを避けた型。

スカーフテテフとは違い技の打ち分けをすることができるため、めざパ炎などサブウエポンの採用率が高くなります。

またチョッキテテフとの差別化としてちょうはつを持っている個体もいます。

ラス1対決の際には、サイコフィールドを展開できるため先制技にも強く、タスキを盾にタイマン勝負も有利に行うことができます。

Z持ち崩し型

エスパーZ+サイコキネシス+サイコフィールドで無理やりサイクルを崩し型。

エスパーZ持ちは10%強~20%弱いるため悪タイプや鋼タイプでしっかり牽制したいところ。

また役割破壊で格闘Z、ゴーストZ、カプZなどを持たせて意表を突いてくる型も一定数存在する。

アドセンス336用




アドセンス336用




-対戦, 育成

Copyright© Japokemon , 2017 All Rights Reserved.